ジェットスター・ジャパンの座席の選択について

基本的に座席の指定はできない

格安航空会社は基本的に座席を無料で選ぶことが出来ません。
ジェットスター・ジャパンも格安航空会社の一つであるため座席を無料で選ぶことが出来ません。
そのため、利用する上で様々な障害が発生することがあります。
 1つ目は私は飛行機に乗る際は必ず窓側の席を選びます。
ただし、席をあらかじめ指定しておかないと通路側の席になることが多いです。
なぜなら通路側の席よりも窓側の席の方が一般的に人気であり、埋まっていくからです。
私が窓側の席を選ぶ理由は青空や夜空、そして眼下に広がる景色を見るためです。
また私がよく利用するジェットスター・ジャパンの定期路線である成田ー新千歳便、成田ー福岡便は長く飛んでも1時間30分と短いため、トイレに行くことは考えづらいです。
そのため窓側の席を取っています。
 2つ目は友人何人かで旅行に飛行機を利用する際、席がバラバラになってしまい旅行の楽しさが減ってしまうということです。
飛行機に乗っている1時間は何も出来ないため、唯一の楽しみが友人との会話です。
そのため、それが出来ないと楽しくないと思います。

基本的に座席の指定はできない : このあたりの席なるべく避けたい : なるべく早い段階で予約をしよう

格安航空ってどうなの。ジェットスター・ジャパンの特徴

 格安航空と聞くと、中古の機体を使って安全面が心配とか座席が狭くてくつろぐことができないとか安いから色々な制約(払い戻しに対応していない、チケットが買いにくいなど)があるのではないかとか間違った認識をもっている人も多く見られます。格安航空と言えば、このような間違った認識や噂であふれています。認識を変えるべく、ここではジェットスター・ジャパンの特徴を見る中で、今書いたことが間違った認識であることを証明していきます。  そもそも、国内2番手の格安航空であるジェットスター・ジャパンは、JALが出資するなど国内でも有数の格安航空会社として有名です。そんなジェットスター・ジャパンの売りでもあり、特徴でもあるのは価格の安さです。同じ時刻の同じルートでは、自社よりも安い会社はないと「最低価格保証」を行っています。なんと同ルートで換算した場合、他社と同様のクラスであっても10パーセント下回るように価格が設定されています。現状、スカイマーク、ソラシドエア、ピーチ、バニラエアなど多くの格安航空会社が参入している中でも価格は安いとされています。とにかく金額を下げたい、安いほうがいいという人はチェックすべき会社かもしれません。でも安いのには何か裏があるのでないかと思われたくありませんので、一番最初に書いたことはどうなのかを検証しながら安さの秘密を探っていきます。  まず、中古の飛行機飛ばしてるのではないかという噂ですが、これについてはまったくの嘘です。中古の機体は維持費がかかるし、安全面でも不安な点があるので、ジェットスター・ジャパンの機体は新造機です。また安全面に関しても、ジェットスターの親会社であるカンタス航空の厳しいチェックの下、運航されています。価格の安いから安全性に難があるということは全くの嘘であることがわかりました。  次に、座席が狭いんじゃないのという点ですが、JALやANAと比較すると実寸で狭いものの、シートポケットが上に付いていたり足元が広く感じられる工夫がされています。  最後に、機内持ち込みができないとか払い戻しができないとか色々な制約があるのではという疑念についてです。

関東のクラブのサポーターがジェットスタージャパンで大量に長崎に来ます(来年の3月以降にジェットスタージャパンが成田~長崎線開設予定)#長崎サポに教えるJ1の恐ろしさ

— なかたか@12/8 ソウル出張 (@nanntokacchi) 2017年11月11日
ジェットスター・ジャパン10キログラムまで機内の持ち込みが認められており厳しいと言うわけではありません。また、払い戻しに関してもオプション次第では、払い戻しも可能です。格安航空だからネットですべてを行わなければならないというのも間違った認識で、コンビにの端末でも決済できるように、ネット以外でも航空券を買うこともできます。格安航空と聞いて特別な制約があるのかというと、そんなことはなく、ほとんどが間違った認識ということがわかります。  そんな安さが特徴のジェットスター・ジャパンですが、この価格がさらにお得になることを知っていますか。それは、ほぼ毎週実施されている「ラッキーフライデーセール」というものです。このお得な情報をいち早く掴み取るためにメルマガ会員になることも覚えておくとよいです。メルマガの実施やホームページの改良など日本に合った形での企業努力や設備に投資をして低コストで運行できる方法を編み出そうとするのがジェットスター航空の特徴です。現在、国内線の数も16路線(東京、大阪、札幌、福岡、沖縄、名古屋、大分、鹿児島、松山、高松、熊本)、国際線も15路線と国内最大級のネットワークを誇っています。エアバスA320型機を21機保有しており、一日約100便運行しています。低運賃で、これだけの選択肢があるのも今まで書いてきた企業努力と戦略があってこそです。そんな会社が次に目指すところはどこになるのか、楽しみしています。